マツ枯れの取り組み(安曇野市の活動)

誰もが知っている松は古くから私達の生活に深くかかわりを持ってきました。
門松や松飾りに始まり、神社や庭など私達の身近には必ず松があります。
安曇野市においても森林(民有林)の1/4は赤松林となっていて、景観の一つになっています。その大切な松が近年松くい虫の被害によって年々枯れています。
市では駆除を実施し、被害の蔓延に取り組んでいますが、残念ながら被害は年々増え続けています。

PDFの資料はこちらをクリック・・[松枯れの取り組み]

 松くい虫の被害の現状
安曇野市では、平成12年度に被害が初めて確認されてから、被害地域において駆除を実施してきましたが、平成15年に微減したものの年々被害量は増え、平成18年には前年比5.3倍と激増し、平成22年には被害本数約4,300本となっています。
  被害の正体
現在、安曇野市内で拡大している「松くい虫被害」と呼ばれている松枯れは「マツ材線虫病」と呼ばれる病気です。
“マツノザイセンチュウ”という線虫が松の木に侵入することにより、松枯れを起こしてしまうものです。その詳しい原理は松枯れが初めて見つかってから100年たった今でもよくわかっていないのが実情です。但し、“マツノザイセンチュウ”が原因であることは多くの研究で確かめられています。
 しかし、この“マツノザイセンチュウ”は自分では別の木に移動することができないため、元気な松の木に“マツノザイセンチュウ”を運んでいるのが“マツノマダラカミキリ”です。
 被害を防ぐための対策
松枯れ被害対策は、多様な方法で取り組んでいます。その方法として[予防]と[駆除]に大きくわけることができます。

   予 防 
特別防除:空中のヘリコプターを利用して薬剤を散布しカミキリを除きます。
地上散布:地上から動噴などを利用して薬剤を散布しカミキリを除きます。
樹幹注入:薬剤を健康な松に注入し線虫の侵入を防ぎます。
    駆 除 
伐倒くん蒸 :被害僕を切り倒し薬剤をかけビニールで覆いくん蒸をして、カミキリの幼虫        や蛹を駆除します。
破砕・焼却: 被害僕を細かく砕いてチップにしたり、燃やしたりして幼虫などを駆除しま        す。
生物的駆除: アカゲラなどの生物を使いカミキリの幼虫を駆除します。
   そ の 他 
森林整備: 松林の林床を整備して樹木が生育しやすい環境を整え、松林の健全化を図る。
抵抗性松: 病気になりにくい抵抗性松を作り植える。
樹種転換: 守りたい松林の周りの松林を松以外の樹木に植え替える。

 日本全国で松枯れやナラ枯れの被害は加速的に拡大し、森林の異変に気づくころにはその地域に大きなダメージを与えることになります。
国土の2/3を占める森林によって豊か水資源は保たれ、多種多様な植物・動物・昆虫などが育まれる森林を守っていくことは自分たちの生活を守ることにもつながります。
自然との共生や多種多様性物の共存が重要視される現代において、松枯れやナラ枯れから森を守っていく上で、生体系に悪影響を及ぼさない形での対策ができないかという考えの中からアカゲラによるカミキリの防除の取り組みがを始めています。

PDFの資料はこちらをクリック・・[松枯れの取り組み]

フッターイメージ